著者
朴 容珍 沖中 健
出版者
社団法人 日本造園学会
雑誌
造園雑誌 (ISSN:03877248)
巻号頁・発行日
vol.53, no.5, pp.115-120, 1989-03-30 (Released:2011-07-19)
参考文献数
6

つる植物による壁面緑化は, 植栽地の位置によって「登はん」と「下垂」の2つのタイプに分けることができる。本研究はナツヅタ・オオイタビ・キヅタ・ツリガネカズラを用いた植栽実験によって, 壁面での登はんと下乖状態におけるその成長量及び生育状況を比較検討したものである。その結果, 成長量は企種について登はん区が下垂区より明かに大きかった。壁面被覆のパターンは登はん区がピラミッド形を下垂区が縦長の帯状を呈した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 9 favorites)

@reijin02 おもしれぇよな!ペタペタついててかわいいぞ! オラきちんと読んでねぇけど、いくつか見っけたぞ! 読んでみてくれ! おめぇの琴線に触れたら何よりだ! 【どれもPDFだから気を付けてくれ!】… https://t.co/6NO5IBbwYq

収集済み URL リスト