著者
岩田 誠
出版者
公益財団法人 腸内細菌学会
雑誌
腸内細菌学雑誌 (ISSN:13430882)
巻号頁・発行日
vol.21, no.4, pp.297-304, 2007 (Released:2007-11-27)
参考文献数
27

広い表面積で外界と接する腸管では,免疫細胞の配備が必須である.一般に,リンパ球の組織への配備は一定のルールに則って行われる.ナイーブT細胞は,リンパ節などの二次リンパ系器官には移入できるものの,非リンパ系組織には移入できない.二次リンパ系器官で抗原刺激を受けてエフェクター/メモリーT細胞となると,その二次リンパ系器官が所属する組織に選択的に移入(ホーミング)できるようになる.例えば,腸の二次リンパ系器官であるパイエル板や腸間膜リンパ節で抗原刺激を受けたT細胞は,小腸特異的ホーミング受容体(インテグリンα4β7とケモカイン受容体CCR9)を発現し,小腸に移入できるようになる.我々は,腸の二次リンパ系器官の樹状細胞がT細胞に抗原提示をすると同時にビタミンAからレチノイン酸を生成し与えることで,小腸特異的ホーミング受容体を発現させていることを見出した.同様に,ナイーブB細胞が抗原刺激を受け,小腸へのホーミング特異性を獲得するためにも,また,さらにIgA抗体産生細胞へと分化するためにもレチノイン酸が必須であることを明らかにした.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 11 posts, 12 favorites)

J-STAGE Articles - 腸管免疫におけるビタミンAの役割 https://t.co/caz8flXHX1
ビタミンAはビタミンDに比べてあまり研究されていないため論文も少ないのですが、ホルモンとして働き、特に粘膜、免疫、視覚(網膜)と関係します 過剰症がありますので摂りすぎ注意 亜鉛とセットで摂りましょう VDはマグネシウムとセットで 腸管免疫におけるビタミンAの役割 https://t.co/kao6iLqR3z

収集済み URL リスト