著者
樋町 美華
出版者
一般社団法人 日本心身医学会
雑誌
心身医学 (ISSN:03850307)
巻号頁・発行日
vol.57, no.12, pp.1245-1251, 2017 (Released:2017-12-01)
参考文献数
36

皮膚科における心理士の役割はさまざま考えられるが, 通常行われなければならない皮膚科治療や日常生活の妨げになりうる心理的問題へのサポートが重要と考えられる. 皮膚科において心理面からのサポートが必要な疾患は種々あるとされているが, 心身医学の側面からみた場合, 心身相関を伴う皮膚疾患に対する心理的サポートについて考える必要があるだろう. そこで本稿では, 最初に心と身体のつながりが密接であるとされているアトピー性皮膚炎およびざ瘡患者が抱える心理的問題について概観する. そして, 心理士の立場からアトピー性皮膚炎およびざ瘡患者への心理的サポートの必要性および具体的内容について解説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 39 favorites)

アトピーに心理療法?と思われるかもしれませんが、アトピー性皮膚炎の維持要因として、不安高→発汗(あるいは発汗予期)→かきむしり行動による皮膚炎の悪化の悪循環があって、心理的な介入、特に不安との付き合い方を学ぶ心理療法には一定の効果がありそう。 https://t.co/6kHit1xaJO https://t.co/4AMzG5Pru9

収集済み URL リスト