出版者
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
雑誌
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine (ISSN:18813526)
巻号頁・発行日
vol.46, no.3, pp.153-185, 2009-03-18 (Released:2009-09-04)

髄腔内バクロフェン投与療法…根本 明宜 153神経ブロック…中馬 孝容 160装具療法…近藤 和泉 166痙縮に対する脳神経外科手術…佐々木寿之,平 孝臣,堀 智勝 171痙性に対する整形外科的アプローチ—整形外科的選択的痙性コントロール手術—…池田 啓一,川上 宏治,山口 浩司,桑原 公倫,古閑 博明,山鹿眞紀夫,田中 智香,齋藤 智子,坂本 公宣 176

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

リドカインで筋肉の過緊張をほぐすみたいな治療法についてのPDF。 ピンポイントで特定の運指の邪魔になる筋肉を特定できたら脱力が下手なギタリストに脱力した状態の演奏を疑似体験させられるのかも? https://t.co/U6UPyN7NBD
@rehabMDminarai @rihariha_dr 横から失礼します、こちらの2記事めにフェノールやキシロカインMABなどの総説があります、よろしければ。 https://t.co/YAwBBvfy8l 下肢に行う場合は転倒リスクが上がりますから気をつけてくださいね〜
痙縮に対する各療法 https://t.co/UtNKLZPWDn

収集済み URL リスト