著者
松坂 俊光
出版者
一般社団法人 日本輸血・細胞治療学会
雑誌
日本輸血細胞治療学会誌 (ISSN:18813011)
巻号頁・発行日
vol.59, no.5, pp.725-732, 2013 (Released:2013-10-24)
参考文献数
31
被引用文献数
2 3

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 10 posts, 5 favorites)

女性の献血者が少ないのは、400ml献血適合者が少ない、献血間隔が男性より長い、ヘモグロビン値の問題などが背景にありそうだ。(愛媛赤十字センター関係者の論文より)。たぶん、したくないのではなくできない人が多い。(続)… https://t.co/jpZTejNJPC
J-Stageに、2013年の「我が国の献血の現状と課題」という記事があった。2013年の段階では、10代、20代の献血者数が低い事が課題になってる。10代の献血者数がここ5年で増加したのは、努力の結果が実ったという事か。色々考え… https://t.co/iIPnFII6pn
ちなみに、成分献血だけでなく全血も現在の400mlから増量してはどうか?というアイデアもあるようだ > 我が国の献血の現状と課題 - 日本輸血細胞治療学会誌 https://t.co/MLZKqlVTLn アメリカでは全血は最大5… https://t.co/Ra9OIKYXnl
#献血 #血液事業の課題と問題点 発表が2013年と少し前の論文になりますが、『我が国の献血の現状と課題』という日本語の総説を見つけました。 https://t.co/ZrP4vzOGQK
赤十字の献血ポスター問題について。 今回のポスターって、若年~中年のオタク層を主なターゲットとした広報でしょ。すげえ当を得た作戦だと思うんだけど。   https://t.co/Bzm0uCRsRX
オーストラリアでは、そんなに切羽詰まった感じの献血キャンペーンはないので(できないのかもしれないけど)、どうしてかなと思っていたら、まず、一回に採れる量が違いました。「我が国の献血の現状と課題」という学会誌の記事、面白かったです。… https://t.co/0qT3cfIgCY

収集済み URL リスト