著者
松坂 俊光
出版者
一般社団法人 日本輸血・細胞治療学会
雑誌
日本輸血細胞治療学会誌 (ISSN:18813011)
巻号頁・発行日
vol.59, no.5, pp.725-732, 2013 (Released:2013-10-24)
参考文献数
31
被引用文献数
2 4

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 12 posts, 0 favorites)

@atom6 @jawayjaway これが2013年の認識みたいですが、直接関連しそうな記述はざっと見た限りでは目に留まりませんでした。 https://t.co/mAIfYedfE9
J-STAGE Articles - 我が国の献血の現状と課題 https://t.co/qtVlFdn3Wq
女性の献血者が少ないのは、400ml献血適合者が少ない、献血間隔が男性より長い、ヘモグロビン値の問題などが背景にありそうだ。(愛媛赤十字センター関係者の論文より)。たぶん、したくないのではなくできない人が多い。(続) https://t.co/YO5oAszjxn https://t.co/1Lffm2TYRA
J-Stageに、2013年の「我が国の献血の現状と課題」という記事があった。2013年の段階では、10代、20代の献血者数が低い事が課題になってる。10代の献血者数がここ5年で増加したのは、努力の結果が実ったという事か。色々考えて行動してんだな…。 https://t.co/WhZAImKzCT
ちなみに、成分献血だけでなく全血も現在の400mlから増量してはどうか?というアイデアもあるようだ > 我が国の献血の現状と課題 - 日本輸血細胞治療学会誌 https://t.co/MLZKqlVTLn アメリカでは全血は最大500ml、EUも同様に最大500ml(国によっては450ml)なので、それにならうとどうか?という。
#献血 #血液事業の課題と問題点 発表が2013年と少し前の論文になりますが、『我が国の献血の現状と課題』という日本語の総説を見つけました。 https://t.co/ZrP4vzOGQK
赤十字の献血ポスター問題について。 今回のポスターって、若年~中年のオタク層を主なターゲットとした広報でしょ。すげえ当を得た作戦だと思うんだけど。   https://t.co/Bzm0uCRsRX

収集済み URL リスト