著者
木下 望
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.95-98, 2019 (Released:2019-12-25)
参考文献数
19

オルソケラトロジーの近視進行抑制効果について,2005年以降世界中より多数の研究が報告されメタ解析も報告されるに至り,オルソケラトロジーは現在最も信頼性が高い近視進行抑制治療法であると認知されるようになった。一方,0.01%アトロピン点眼液は2012年にその効果が報告され近年注目されている。両者ともに作用機序の詳細は不明だが,オルソケラトロジーは光学的,アトロピンは薬理学的であり,両者の作用機序は異なる可能性が高い。我々は両者の併用の有効性を確かめる前向き臨床研究を施行し,相加効果があることを報告した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 15 favorites)

2019年12月25日(水)J-STAGEで公開されたの視覚の科学第40巻第4号の特集:近視『オルソケラトロジーと低濃度アトロピン点眼液の併用による近視進行予防』の執筆を担当しました。ご興味のある方は別刷りをお送りしますので、ご連… https://t.co/ZBItSpk7So

収集済み URL リスト