著者
山内 泰樹
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.57-64, 2009 (Released:2019-11-08)
参考文献数
13
被引用文献数
1

色覚を司る視覚メカニズムのフロントエンドは異なる感度を有する3種類の錐体である。近年,非侵襲な方法により,これらの錐体の網膜上での存在比率を計測する技術が発達してきた。本稿では,それらの方法のうち,網膜像撮影方法と分光視感効率による推定方法について概説する。前者は,補償光学(adaptive optics)を用いて生体の網膜像を撮影する手法と,錐体の選択的な光反応特性を用いたものであり,後者は網膜電位法(ERG)により分光視感効率を求め,遺伝子解析により求めたL,M錐体のピーク感度を用いてこの分光視感効率を重みづけ,近似することにより推定する方法である。これらの方法により,L/M錐体比は被験者間で大きく異なることが示された。また全く異なる両者の結果が高い相関を有することから,両者とも有効な手法であることを示す。
著者
加藤 欣也
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.36, no.4, pp.89-93, 2015

レンズの瞳は開口絞りの像である。レンズおよびレンズ系の入射瞳は物体空間から見た開口絞りの像, 射出瞳は像空間から見た開口絞りの像である。別の言い方をすれば入射瞳, 開口絞り, 射出瞳はそれぞれ共役面である。  顕微鏡対物とリレーレンズを繋ぐ際, 顕微鏡対物の開口絞りとリレーレンズのそれとは共役面でなければならない。顕微鏡対物の射出瞳とリレーレンズの入射瞳が共役面であることが重要である。そうでないと視野周辺の像強度が急激に低下する。解決策は対物とリレーレンズの間にフィールドレンズを挿入することである。同様の理由で撮像素子の瞳とレンズ系の射出瞳を一致させることが望ましい。  瞳の球面収差によって視野周辺に影が生ずる。眼の移動に伴って, 影は視野内を動き回る。瞳の軸上色収差によって視野中心と周辺における色調差が生ずる。眼の移動に伴って, 視野のある部分の色調が変化する。
著者
加藤 欣也
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.1-3, 2015 (Released:2015-07-14)
参考文献数
3

単レンズは両凸(凹),平凸(凹),凸(凹)メニスカスの6種類に分類される。レンズで最も重要な仕様は焦点距離である。薄肉レンズの焦点距離はレンズから焦点までの距離であるが,凸レンズの焦点距離は正,凹レンズの焦点距離は負となる。レンズには前側焦点と後側焦点があり,空気中の焦点距離は等しくなる。厚肉レンズや組み合わせレンズの焦点距離は,主点から焦点までの距離となる。
著者
大沼 一彦
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.29, no.2, pp.45-51, 2008 (Released:2019-11-08)
参考文献数
13
被引用文献数
1

最終回は高次収差のトレフォイル(矢状収差)と2次の非点収差を取り上げる。トレフォイルや2次の非点収差が球面収差とともにあると,単眼視での三重視や二重視が起きることが報告されている。ここではシミュレーション光学像により,これらの収差とデフォーカスの関係を示す。更に,トレフォイルとコマ収差の特別な組み合わせは偽調節に関係していることを示す。
著者
祁 華
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.99-103, 2019 (Released:2019-12-25)
参考文献数
22

近視は世界的に流行し,特に東アジアでは深刻な事態になっている。近視の進行は,青少年の時期で速く,この時期のコントロールが最も重要であると言われている。ここでは近視進行抑制の手段として,非侵襲で扱いやすい眼鏡レンズ,DIMS(Defocus Incorporated Multiple Segments)レンズを紹介する。DIMSレンズはレンズ上に多数のMD(Myopic Defocus)セグメントを配置し,屈折異常補正とMDを同時に実現するレンズである。香港理工大学のチームが行った2年間のTrialでは,DIMSレンズを掛けるグループは単焦点レンズを掛けるグループより,近視度数の進行が52%,眼軸長の伸長が62%少ない,という報告がなされている。
著者
神田 寛行
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.36, no.4, pp.98-101, 2015 (Released:2016-02-04)
参考文献数
11
著者
西本 伸志
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.36, no.3, pp.56-61, 2015 (Released:2015-12-09)
参考文献数
14

ヒト非侵襲脳活動計測技術の高精度化および脳神経活動解析技術の精緻化に伴い,ヒト脳内表象の定量理解や脳活動解読による視覚体験の可視化などの研究が進んでいる。本稿では,fMRI(functional magnetic resonance imaging)を用いた視覚体験映像化に関する進展と技術を概説する。
著者
木下 望
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.95-98, 2019 (Released:2019-12-25)
参考文献数
19

オルソケラトロジーの近視進行抑制効果について,2005年以降世界中より多数の研究が報告されメタ解析も報告されるに至り,オルソケラトロジーは現在最も信頼性が高い近視進行抑制治療法であると認知されるようになった。一方,0.01%アトロピン点眼液は2012年にその効果が報告され近年注目されている。両者ともに作用機序の詳細は不明だが,オルソケラトロジーは光学的,アトロピンは薬理学的であり,両者の作用機序は異なる可能性が高い。我々は両者の併用の有効性を確かめる前向き臨床研究を施行し,相加効果があることを報告した。
著者
曽根原 寿明 井澤 康哲 祁 華 神津 和磨 向山 浩行 広田 雅和 遠藤 高生 神田 寛行 森本 壮 不二門 尚
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.114-121, 2017 (Released:2017-12-29)
参考文献数
20

眼疲労を定量化するための方法として, 自然な両眼視下での測定を利用した報告はあまりされていない。そこで我々は, 18名の被験者に視負荷として市販の携帯型3Dゲーム機を30分間使用させ, 両眼波面センサーを用いて視負荷前後での調節および輻湊応答の変化を調べた。測定時の固視標の動きは, 奥行き方向に反復する定屈折駆動刺激(±0.25D/秒)およびステップ状刺激(2.0/0.2D)を与えた。定屈折の反復刺激において, 輻湊と開散の潜時が視負荷後に統計的に有意に長くなることがわかった(P<0.05)。ステップ状刺激では, 調節弛緩応答量の80%から10%に変化するのに要する時間が視負荷後に長くなった(P<0.05)。以上より, 両眼波面センサーによって測定された調節と輻湊の応答は, 眼の疲労の客観的評価に適用できることが示唆され, とくに年齢の影響を受けにくい輻湊は中高年者への適用に有望であると考えられる。
著者
角 友起 岩本 義輝
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.12-18, 2010 (Released:2019-11-08)
参考文献数
17

サッケードは,視覚目標を視力の高い網膜中心窩で捉えるための急速眼球運動である。中心窩は小さいためサッケードには高い正確さが求められる。この正確さを支えるのが,サッケード適応と呼ばれる運動学習の仕組みである。サッケード適応は,運動のエラーに関する視覚情報によりドライブされる。適応の実験的誘発にはサッケード中にターゲットを移動させる方法(McLaughlin paradigm)が広く用いられ,適応の多くの性質が明らかにされてきた,近年は,サッケード適応の神経機構に関する研究が進展し,小脳虫部皮質が可塑性の場として注目されている。しかし,随意運動学習における教師の役割を果たす神経信号に関してはこれまでほとんど知見がなかった。本総説では,サッケード適応に関する現在の知見を簡単にまとめた後,中脳上丘電気刺激を用いたサッケード学習信号に関する筆者らの研究を紹介する。
著者
巻田 修一
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.41, no.3, pp.42-43, 2020

<p>この度,東京医科大学茨城医療センター病院眼科教授の三浦雅博先生にインタビューをさせていただきたいと思います。三浦先生は眼科イメージング装置の臨床研究に携わってこられました。学生時代の話から,現在の研究に関わっていかれた経緯,光工学やエンジニアとの共同研究にまつわるお話をお伺いしました。</p>
著者
加藤 欣也
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.36, no.3, pp.40-44, 2015 (Released:2015-12-09)
参考文献数
3

収差は理想結像からのずれである。理想結像は次の3条件を満たす。  1)点物体は点像を形成する。  2)光軸に垂直な平面物体は平面に結像する。  3)光軸に垂直な平面図形の像はそれと相似な図形となる。  収差には単色収差と色収差の2種類ある。球面収差,コマ収差,非点収差によって像がぼけ,像面湾曲と歪曲収差によって図形の像は歪む。これらはザイデル収差と呼ばれ,単色収差である。  色収差は媒質の屈折率が波長の関数になるため生ずる。色収差には軸上色収差と倍率色収差の2種類ある。  正弦条件は収差ではないが,コマ収差をなくすためにレンズにとって非常に重要である。それは,β=n1sin u1/(n2sin u2)ここで,βは横倍率,n1,u1とn2,u2はそれぞれ物空間,像空間における,屈折率と光線の傾き角である。
著者
大沼 一彦 椎名 達雄
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.82-87, 2017

<p>眼の中の前方散乱を測定する方法は80年以上前に提案されて実験がなされているが, 実用的な装置となったのはつい最近である。前方散乱の散乱特性についての基礎知識を得るための多くの文献はTJ van den Bergのものがあるが, それを理解するためには, 更なる基礎的な知識がいると思われる。ここでは, 散乱の理解のための入門的知識と人眼の前方散乱の測定手法について述べる。</p>
著者
川守田 拓志
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.1-7, 2014 (Released:2014-07-17)
参考文献数
15

光学性能評価法は,点像強度分布関数(PSF)や変調伝達関数(MTF)など様々あり,眼球光学系のコントラスト伝達特性と視覚系全体のコントラスト伝達特性を意識して評価する必要がある。眼球光学系のMTFと網膜中枢系の閾値関数から視力を推定することができる。デフォーカス時にはMTFが低下し,偽解像という視力やコントラスト感度の変動に影響する現象が発生する。光学シミュレーションを用いて,この偽解像が視力に与える影響を検証する。
著者
山成 正宏
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.98-106, 2017 (Released:2017-12-29)
参考文献数
49
被引用文献数
2

偏光optical coherence tomography(OCT)は通常のOCT強度画像に加え, 繊維組織のもつ複屈折やメラニン色素のもつ偏光スクランブル効果を可視化し, 新たなコントラストを加えることができる。本稿では偏光OCT技術の概要をできるだけ平易に解説する。偏光がOCTに本質的に関わる重要な概念であり, 通常のOCTでは偏光にまつわるアーティファクトが発生することや, 偏光OCTを用いることで通常のOCTでは見えないコントラストを追加できることを示す。応用としてトラベクレクトミー術後の濾過胞瘢痕化の例を紹介する。
著者
宇治 彰人
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.24-29, 2016 (Released:2016-05-03)
参考文献数
20
著者
森 秀樹
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.37, no.4, pp.122-129, 2016 (Released:2017-01-18)
参考文献数
6

前眼部光干渉断層計であるCASIAがSS-1000からCASIA2となり撮影範囲や機能性が向上した。CASIAのトポグラファー機能は, 高度な角膜不正乱視に対しても正確かつ良好な再現性で評価可能である。更に角膜形状をフーリエ解析すると, 非対称性乱視成分や高次不正乱視成分で角膜不正乱視が評価できる。角膜不正乱視に対する白内障手術では苦慮することが多い。眼内レンズ(IOL)度数計算の問題もその一つであるが, CASIAを用いると正確な角膜形状データに基づいたIOL度数を求めることができる。