著者
橋本 謙二
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.27, no.4, pp.188-191, 2016 (Released:2018-07-20)
参考文献数
28

近年,精神疾患の病態に酸化的ストレスや炎症がかかわっていることがわかってきた。例えば,統合失調症患者やうつ病患者の血液中の炎症性サイトカイン濃度が,健常者と比較して有意に高い事が報告されている。以上のことから,抗酸化作用や抗炎症作用を有する化合物は,これらの精神疾患の予防薬・治療薬になりうる可能性がある。本稿では,統合失調症やうつ病の発症予防の可能性としてのブロッコリースプラウト等の野菜に含まれているスルフォラファンについて考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

https://t.co/GKPkn3CAQt 【スルフォラファン】 まだ定説ではありませんが、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンのサプリメントを飲むと、一部の精神疾患が改善されるらしいです。 #ブロッコリー… https://t.co/Gz0gzQYpcY
https://t.co/GKPkn3CAQt 【スルフォラファン】 まだ定説ではありませんが、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンのサプリメントを飲むと、一部の精神疾患が改善されるらしいです。 #ブロッコリー… https://t.co/AJMaYpJIXV
https://t.co/GKPkn3CAQt 【スルフォラファン】 まだ定説ではありませんが、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンのサプリメントを飲むと、一部の精神疾患が改善されるらしいです。 #ブロッコリー… https://t.co/UBLiw6BfIP
https://t.co/GKPkn3CAQt 【スルフォラファン】 まだ定説ではありませんが、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンのサプリメントを飲むと、一部の精神疾患が改善されるらしいです。 #ブロッコリー… https://t.co/Czk5hqJjiC

収集済み URL リスト