著者
井本 逸勢
出版者
一般社団法人 日本遺伝性腫瘍学会
雑誌
遺伝性腫瘍 (ISSN:24356808)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.9-12, 2020 (Released:2020-08-24)
参考文献数
12

次世代シーケンサーによるゲノム解析技術の進歩により大規模ながんゲノム解析の知見が網羅的にカタログ化された結果,個々のがんで生じる遺伝子バリアントを網羅的に解析しその結果に基づいて治療選択を行うクリニカルシーケンスが,がんゲノム医療を牽引する力となっている.しかし,現在のクリニカルシーケンスは,治療薬にたどり着ける可能性の少ない発展途上の診断ツールである.次世代のがんの個別化治療には,様々なオミクス情報を基盤に,がんの分子分類や時間的・空間的不均一性,がん化の分子機序などの理解を深めることで,新たなバイオマーカー,治療薬,治療抵抗性や再発への対応法などの開発を進める必要がある.また,その普及には,低侵襲でリアルタイムな情報提供ツールであるLiquid biopsyの導入や検査コスト削減,治療選択の均てん化に有用な人工知能技術の活用も欠かせない.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

がんのクリニカルシーケンスから次世代の治療戦略へ https://t.co/QonzNrscSy #maskotlib

収集済み URL リスト