著者
小林 憲一郎 矢澤 慈人
出版者
公益社団法人 日本獣医師会
雑誌
日本獣医師会雑誌 (ISSN:04466454)
巻号頁・発行日
vol.62, no.9, pp.705-708, 2009-09-20 (Released:2016-09-03)
参考文献数
15

豚回虫卵,豚鞭虫卵,腸結節虫卵の検出状況を全国の養豚場で調査した.材料には2005年9月~2007年3月に全国150カ所の養豚場で採取した豚の糞便4,221検体をもちいた.虫卵検査はショ糖液浮遊法によって実施した.虫卵検出率は,豚回虫卵2.0%,豚鞭虫卵2.1%および腸結節虫卵2.5%であった.検出率を肥育豚,母豚,種雄豚で比較したところ,豚回虫卵は母豚と種雄豚が,豚鞭虫卵は肥育豚と種雄豚が,腸結節虫卵は母豚が有意に高かった(P <0.05).39.3%の農場ではこれら3種の虫卵のうち1種以上の虫卵が検出された.また,15.3%の農場では2種以上の虫卵が検出された.今回の調査から,国内の養豚場ではこれら3種の寄生が依然としてみられ,各農場での寄生状況を把握して適切な対策を実施することが重要であると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 9 favorites)

「寄生虫で難病を治療=18年から安全性試験開始」 先月のニュースより、試験方法が詳しく書かれている。豚鞭虫は国内にもいると思うが、試験に使うのは輸入ものなのか...。 国内の養豚場における豚回虫,豚鞭虫および腸結節虫の虫卵検出状… https://t.co/3Vr7xtFYz2

収集済み URL リスト