著者
四ノ宮 成祥
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.101, no.11, pp.3103-3113, 2012 (Released:2013-11-10)
参考文献数
11

バイオテロは決して頻度の高い事象ではないが,一旦起きると社会への衝撃は計り知れない.我々は,過去にオウム真理教のバイオテロ未遂事件やアメリカ炭疽菌郵送事件のような事例を経験したことを忘れずに,適切な対策を講ずる必要がある.また,過去に生物兵器として開発された生物剤がテロに用いられることのないよう注視するだけでなく,今後は遺伝子組換え技術を利用した新たなタイプの生物剤を用いたテロが起きないよう防止することも大切である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 16 posts, 12 favorites)

以下は、「バイオテロリズムの事例」である。手口をピックアップする。 ①カルト集団がサラダにサルモネラ ②オウムによる炭素菌等のエアロゾル散布 ③NY炭素菌を郵送 ④リシン毒素を脚部に注入 などだ。 https://t.co/Et0Ew7FtxV

収集済み URL リスト