著者
山田 万太郎 汪 雪婷 山崎 俊彦 相澤 清晴
出版者
一般社団法人 人工知能学会
巻号頁・発行日
pp.3N4J1003, 2019 (Released:2019-06-01)

本研究の目的は,不動産間取り図をその間取りを反映したグラフ構造に自動で変換することである.それには,深層学習によるsemantic segmentationを行うことで画像中の各部屋やドアを認識し,それらの隣接関係をもとにグラフ構造を作成するという手法でグラフ化を行う.この提案手法により,正解グラフと81%の類似度を持つグラフに変換できることを確認した.さらには,自動変換したグラフを用いて実際に類似間取り検索への応用を示した.間取り図をグラフ構造という構造化された表現に変換することで,間取りの比較や評価,さらには検索が容易になり,間取りを扱うあらゆるシステムへの応用が期待される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

Raster-to-Vector: Revisiting Floorplan Transformation(ICCV2017)https://t.co/WV5vNkNtNo 深層学習を用いた不動産間取り図のグラフ化と物件検索への応… https://t.co/WekEmEykxY
深層学習を用いた不動産間取り図のグラフ化と物件検索への応用 >>> https://t.co/7YqXN4SCc3 #AI #人工知能 #機械学習 #深層学習 #ディープラーニング

収集済み URL リスト