著者
須永 康代
出版者
公益社団法人 埼玉県理学療法士会
雑誌
理学療法 - 臨床・研究・教育 (ISSN:1880893X)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.11-15, 2019 (Released:2019-05-24)
参考文献数
34

妊娠および出産を契機とした女性の身体変化は著明であり,本国においてもこの時期のトラブルに対する予防・改善が理学療法の対象となるケースは年々増加している。妊娠中の腹部の突出を起因とする筋骨格系の変化による腰背部痛や骨盤底機能障害などのトラブルが日常生活動作の困難感をきたすこともある。また質量中心の変位によって姿勢制御機構に変化をもたらし,アライメントや動作パターンに影響を及ぼすことも明らかとなっている。妊娠・出産期における筋骨格系の機能解剖学的,運動学的変化について十分理解したうえで,産科的リスク管理のもと理学療法を実施することが必要不可欠である。今後,理学療法士の介入により,妊娠中から産後にかけての女性の健康支援をさらに充実させていくとともに,臨床における理学療法のエビデンスを構築していくことが望まれる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 10 posts, 12 favorites)

妊娠、出産期の理学療法 https://t.co/vHnZcv3kPq 妊娠、産後の骨盤痛に関するSR https://t.co/P3S6dDOoq7
ハハァ〜ン腹直筋離開には腹横筋を鍛えるとええんやな… https://t.co/ry5ajmr7FZ
✅妊娠・出産期の理学療法 Fasciaセミナーで腹直筋離開について質問を受けたが勉強不足で答えられず。 帝王切開とFasciaについて簡単に述べたので、調べるか悩んでいましたが。 少し勉強始めていきます。 疲れましたが、また再スタート https://t.co/c8bzh6DjLP
@Ortho_FL 答えになっているかわかりませんが、 妊娠、出産時に起きる妊婦の体について考えて論文を探しました。 妊娠・出産期の理学療法 https://t.co/vEt4RyqrS5
参考文献 妊娠・出産期の理学療法 https://t.co/vEt4RyqrS5
妊婦 腹直筋離開 1番最後にかいてありました… でもやはりたくさんのことが起こる… https://t.co/8Qlb8IQpff
@reimier 子宮支えるのに、骨盤の下を支えてる筋肉が緩んでて、尿失禁とかになるから必ずやってください、って言われた。論文もあった https://t.co/mA9KkJEOnW ホットヨガはだいぶぐったりしちゃうからお家でのんびりオススメ笑 こんな感じのを一日5分でも… https://t.co/t3ygeOWZPm

収集済み URL リスト