著者
加藤 久美 毛利 育子 谷池 雅子
出版者
日本小児耳鼻咽喉科学会
雑誌
小児耳鼻咽喉科 (ISSN:09195858)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.5-10, 2013 (Released:2013-06-17)
参考文献数
22

小児の健やかな発育・発達のためには十分な睡眠が必要である。乳幼児期の睡眠不足は後の多動性や肥満に関連することが知られている。しかし,我が国の小児の睡眠時間は世界一短く,小児の睡眠が軽視されていると言わざるを得ない。また,閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)やレストレスレッグズ症候群(RLS),ナルコレプシーなどの小児の睡眠関連疾患は小児の認知・行動面に影響を及ぼす場合があるが,決して稀な疾患でないにも関わらず,一般的には認知されていない現状があり,適切な治療を受けるのに年月を要するケースも珍しくない。年齢依存的に出現する症状や小児に特有の病態など,小児の睡眠関連病態は成人とは異なる点が多い。本稿では,小児の睡眠の重要性と主たる睡眠関連病態について,小児科の立場より解説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

小児の睡眠関連病態—小児科の立場から— https://www.jstage.jst.go.jp/article/shonijibi/34/1/34_5/_pdf

Facebook における性別

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

@tomako_kozure グーパン予告良いと思います! あとは、根拠があれば納得される旦那さんと見受けられるので、こちらのリンクのPDFファイルを読んで頂くといいかもしれません。 https://t.co/HuNJMkFuBM… https://t.co/egt3Crzred

収集済み URL リスト