著者
西澤 真理子
出版者
THE SOCIETY FOR RISK ANALYSIS, JAPAN
雑誌
日本リスク研究学会誌 (ISSN:09155465)
巻号頁・発行日
vol.19, no.2, pp.2_21-2_32, 2009 (Released:2012-03-09)
参考文献数
44

Media reporting often influences how people perceive risks.Using a content analysis as a method, this paper attempts to investigate acorrelation between newspaper reporting about BSE (bovine spongiformencephalopathy) and risk perception of Japanese consumers about the safety of beef.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (174 users, 175 posts, 114 favorites)

科学的にはほとんど意味がなく、世界でも日本ぐらいしかやらなかった「全頭検査」を、何故日本の消費者は安全に一番有効な対策と認知したのか、そこには新聞報道とある程度の相関が見られるという研究。 https://t.co/78rUxxA5yt (PDF)
@amneris84 @Sankei_news BSEについては色々記憶の彼方とお見受けしました。 BSEに対する全頭検査と当時のマスコミ報道の問題について、穏当にまとめた資料を見つけましたので、よろしければ。 https://t.co/SyB8AB4oBZ

収集済み URL リスト