著者
島 健二 川原 和彦 小松 まち子 川島 周
出版者
一般社団法人 日本糖尿病学会
雑誌
糖尿病 (ISSN:0021437X)
巻号頁・発行日
vol.49, no.6, pp.423-427, 2006 (Released:2009-01-19)
参考文献数
33
被引用文献数
5

末期慢性腎不全による維持透析治療中の患者で,2~3日間の絶食後に,血糖値が低血糖域(血糖値50 mg/dl以下)に低下した5症例を経験した.1例を除き血糖降下薬は低血糖発症前2~3日間摂取しておらず,これが原因とは考えられない.また,低血糖発症後4日以内測定の早朝空腹時血中インスリン濃度は異常高値でなく,また,インスリン拮抗ホルモン濃度も低値でなかった.1例のアルコール性肝障害例を除き,本症例の低血糖の要因として,腎での糖新生障害の可能性が推定される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

インスリンクリアランスだけじゃなくて糖新生も大きいのね https://t.co/Xh53h3m41O
@tasamo116 腎も糖新生の役割がある臓器としての機能から、腎障害自体に原因があるかもとは疑っています 参考文献 https://t.co/PPqSp4R93m

収集済み URL リスト