著者
西浦 博
出版者
公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
雑誌
日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌 (ISSN:13498940)
巻号頁・発行日
vol.52, pp.20-37, 2009 (Released:2017-06-27)
参考文献数
51

本稿は感染症の検疫期間の決定手法を提案するとともに,検疫による予防効果の考え方の理論的基礎を構築する.感染した可能性のある人に対して通常の生活から一定期間だけ分離あるいは生活行動制限をする検疫は,国内に常在しない感染症の侵入を防ぐボーダーコントロールに欠かせない感染症対策である.これまでに検疫時の医学的検査や法制度に関する議論が行なわれてきたが,具体的な検疫期間の決定手法や特定の検疫期間が与えられたときの流行拡大を防ぐ疫学的効果は詳しく検討されてこなかった.感染症流行の数理モデルを用いて,検疫が感染者侵入を防止する効果を理論的に明らかにする.まず,異なる疫学的指標によって様々な検疫の効果を検疫期間の関数として定義し,それぞれの効果の違いと必要な疫学的情報を明らかにする.これまでの検疫期間は潜伏期間のみを用いて議論されてきたが,感染しても症状を呈さない不顕性感染者を明示的に考慮することによって,より豊富な検疫期間の検討が可能なことを示す.また,様々な検疫の直接的効果を提示するだけでなく,感染者が検疫の網の目を潜り抜けて侵入した場合の流行動態も検疫期間の関数で考えることにより,検疫が侵入先に及ぼす疫学的効果を明らかにする.特に,侵入者によって流行が発生する確率と検疫による流行の遅れをモデル化する.具体的事例として新型インフルエンザを想定した数値計算例を提示し,本稿の手法が様々な感染症の検疫に関する意思決定に役立つことを示す.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

旬な論文 J-STAGE Articles - 感染症の検疫期間の決定手法の開発とその疫学的効果の推定 https://t.co/z6qLWmP1f0
@monk_osaka 吉村の大馬鹿です! 自粛は必要なかったのk数式を持ち出した数式者。(捨てたらしいですが。 数式はわかりません。日本では症例が少なくて当てはまりもしないでしょう!吉村はこれを理解して大阪モデルを国にって?!吉村なんか無人島
@momoiro_panther ありました 8割に疑問があったので ここから数式とって MATLABでシミュレーションを一度だけしてみて お蔵入りにしてましたね ご興味あれば https://t.co/4U32xxhyCP
@be_on_the_road この人の論文読みました 「8割減で1か月で消える」っての確かめるために 数式を手に入れてMATLABソフトで計算… まあ、研究費もらうために巻かれないと生きてけない世界の人だし… ☟【Get the facts about mail-in ballots】 https://t.co/4U32xxhyCP

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト