むしざわ (@mushizawa)

投稿一覧(最新100件)

今野元「エルンスト・ルドルフ・フーバーと『国制史』研究(1)」 https://t.co/L2ZHyYvwgP 印刷したままずっと読むの忘れてた。僕このシリーズ大好きで楽しみにしてるんですけど、いつも注あたりのこぼれ話で笑ってしまう。
中川慎二「戦後ドイツの日本人コミュニティ : デュッセルドルフをめぐって『語られる物語』と『歴史的事実』」http://t.co/4GWXU31pgK ほうほう。
自然研究者たちの異文化 -フォルスターとニーブールの探検旅行記における非ヨーロッパ世界への視線- http://t.co/MT5LIvURlc このニーブールはあのニーブールのとっつぁんか。
西ドイツにおける政治スト合法論ーリヒアルト・シュミット「政治スト論」およびヴォルフガング・アーベントロート「政治スト再論」ー http://t.co/5SSPOGSF5H 良かった。
RT @sacreconomie: 星野太「エドマンド・バークにおける言葉と情念」『美學』61、2010年( http://t.co/GEwDygPMwI )。硬質な論文。偽ロンギノスとバークの崇高論を対比させ、前者が情念の喚起・心像の伝達を目的とするのに対して、後者は共感の喚…
学説史と思想史--橡川氏による「中世国家論」批判の「発想法」をめぐって http://t.co/l7qFN5zwEe 石川武さんは堀米門下だったかな。
RT @saisenreiha: 山根雄一郎「概念史研究の意義と課題」http://t.co/YGhB78lCc2 を読みたいが、『日本カント研究』が入っている図書館が少なすぎる。http://t.co/4NvZxocSJp
RT @saisenreiha: 小出達夫 訳「歴史の基礎概念・公共性について[翻訳と解題・その2]」http://t.co/416vw6HXbr #rekisinews
RT @saisenreiha: 何とドイツの公共性 Öffentlichkeit について考えるためには、何より先ず読まねばならない超重要論考が邦訳されていた。「歴史の基礎概念・公共性について[翻訳と解題・その1]」http://t.co/R7285TiSXT #rekisi…
http://t.co/XteX8LgiTc 上教大優秀。
RT @saisenreiha: 拙稿「1534年2月下ライン地方における宗教改革思想・再洗礼主義の伝播 -ヤコブ・フォン・オッセンブルクによるミュンスター再洗礼派の宣教分析を通じて-」がpdfで落とせるようになってました。http://t.co/Zq79Eloyao #rek…
ヴィンクラーは訳書や彼を取り扱った論文もあって読みやすい。 http://t.co/DfGqvJA0FJ http://t.co/MA7hWl0ORN シュヴァンは故人で邦訳がないようだが、奥さんも学者で有名な方。 http://t.co/xfUFsY13Yv
これは、これは興味深い。「ヴィンクラーは、ヴェトナム戦争に反対するアメリカの学生運動に遭遇し、これを「多元主義的、自由主義的」と称讃しつつ、ドイツのそれを「不寛容、教条主義的」と切り捨てた」 http://t.co/rt3ETyLUsp

お気に入り一覧(最新100件)

PDF出てた 「学生さんのお勧めは「フェイト(Fate Grand Order)」というやつです。これも運命か、仕方ないのでわたしもやってみました。」 ⇒松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」『史苑』77-2(2017) https://t.co/1IN067JHTJ

フォロー(56ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: PDFあり。 室井康成「現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察」 『専修人間科学論集. 社会学篇』Vol.8 No,2 (2018) https://t.co/H7KXnM8H04
RT @star_buster: 内容も現代にはなかなか無い「未知との遭遇」って感じで面白いです。カワイイ! って言った数ページ後で食って味の話をするのはさすが日本人…なのか? コウテイペンギンって不敬だから大ペンギンにしようとか言い出したり、価値観や科学知識は明治なので、そこ…
RT @KoseiMuroi: 成人式「名古屋起源説」の拙稿は、以下で読めます。 https://t.co/3FR1mLfSJ5

フォロワー(110ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)