大野瑞絵 (@shima_risu)

投稿一覧(最新100件)

5 0 0 0 OA 百品考 3編6巻

モ、モルモット… 「百品考」より https://t.co/AQIJt1hfVG (国立国会図書館ウェブサイトから転載) https://t.co/sC06F808KW
あと半日でねずみ年。国会図書館デジタルコレクションで「珍玩鼠育草」 https://t.co/xfFs7BcU6M と「養鼠玉のかけはし」 https://t.co/wtr3qsjo6L 見られます。

36 0 0 0 OA 珍玩鼠育草

あと半日でねずみ年。国会図書館デジタルコレクションで「珍玩鼠育草」 https://t.co/xfFs7BcU6M と「養鼠玉のかけはし」 https://t.co/wtr3qsjo6L 見られます。
属性に短大生が多いところに時代を感じるなあ。 RT @ronbuntter こんな論文どうですか? 女子学生の晴れ着に対する着用嗜好と評価との関連について(樋泉俶子ほか),1990 http://id.CiNii.jp/NR6ZL

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1750ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @non_hoi_park: 動物園の職員が書いた論文が動物の行動と管理学会誌に掲載されました。 動物による悲惨な事故の根絶を目指して、野上氏(九州大学)らと共同で研究を進めています。 『日本の動物園における1950年から2022年までに発生した動物による死傷事故の定量的…
RT @harufoot: 沖縄島北部やんばる地域におけるイエネコによる固有鳥類の捕食 被害とその対策 https://t.co/G2BDvZrMrJ 捕食被害を全て猫にするのではなく、1つの要因として現実に起きているからこそ対策をする必要性があるのです。獣医師の立場で意見…
今からちょうど157年前、慶応2年2月3日、「萩藩士木戸貫治「孝允・後準一郎」、鹿児島藩士黒田了介「清隆」を伴ひ、山口に帰る」。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要9号、2017年)を参照下さい。https://t.co/A65OnLvEDg……
体毛の色や目の縁取りの濃さは関東・関西で違い、赤みが強く目の縁取りの濃い関西型、薄茶色で目の縁取りの薄い関東型に分かれて境は長野県の伊那谷とのことみたいです 飯田市上村と上郷に生息するニホンヤマネの目の縁取りの形態について(三石2012)https://t.co/CXzAmGekl4 左:鹿児島 右:青森のヤマネ https://t.co/98YOmPAw3s
@DaidoBe 因みにヤマネの体毛の色や目の縁取りの濃さは関東・関西で違い、赤みが強くアイシャドーの濃い関西型、薄茶色でアイシャドーの薄い関東型に分かれ、その境は長野県の伊那谷とのことみたいです… 飯田市上村と上郷に生息するニホンヤマネの目の縁取りの形態について(三石2012)https://t.co/CXzAmGekl4 https://t.co/rtbgtz7kuj
RT @lichemon5: 『「苔」の漢名に当てて訓まれた「コケ」という和名は「木に生える毛のような植物」を意味する「木毛(コケまたはモケ)」から由来したと考えられている』。 https://t.co/ulFHxbMMed 木毛=地衣類であるかのように書かれたHPや私費出版物…
「様々な寄贈資料にみる歴彩館の資料収集うらばなし」は日本画家・池田遙邨の所持していた絵はがき集『震災スケッチ』 や土田麦僊の画集などの収集エピソード。資料と人との出会いが伝わるエッセイです。 https://t.co/byusdBkavm 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/3fv67Pnxlq
「日本図書館紀行」特別編は、京都府立京都学・歴彩館。古文書、公文書など多彩な資料で知られる同館の最新状況を現役職員が紹介します。 https://t.co/8tXV5Qaotq 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/EVFZStNWMH
現代音楽家の吉田宗彰氏による「林光の手稿譜を「読む」」では、《メヌエット ト長調》と《原爆小景》の手稿譜を読み解きます。 作曲家による手書きの楽譜には、作曲過程に関する様々な試行錯誤の跡が残されています。 https://t.co/MfKCZRlimG 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/EyRhOmIUYq
「今月の一冊」は『陶磁器意匠標本』です。 陶磁器は幕末から明治にかけての主要な輸出品でした。 本書は『大日本窯業協会雑誌』から「意匠標本」を抜粋した非売品の冊子です。美しい彩色に目が奪われます。 https://t.co/3mHqQ4ajQn 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/5rAxNInKhH
RT @makoto_B: これを見て少し調べてみた。以下、「大卒・大学院卒者の所得関数分析」という論文が出ていて、p28に学位別の生涯所得推定として学部卒2億5600万円、修士卒2億8708万円、博士卒3億6297万円と出ている。学生のみなさんはこういうのも考えて進路選択しま…
ニホンナシの交雑育種における重要形質に関連した DNA マーカーの利用技術 https://t.co/vTJwD6Eyi7
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1214「アスベスト健康被害の救済に関する動向」(PDF:453KB)を掲載しました https://t.co/CwQhk8Q0Ke
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1213「令和5年度予算案の概要」(PDF:972KB)を掲載しました https://t.co/OeqMkl5QyO

フォロワー(2156ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
RT @non_hoi_park: 動物園の職員が書いた論文が動物の行動と管理学会誌に掲載されました。 動物による悲惨な事故の根絶を目指して、野上氏(九州大学)らと共同で研究を進めています。 『日本の動物園における1950年から2022年までに発生した動物による死傷事故の定量的…
RT @harufoot: 沖縄島北部やんばる地域におけるイエネコによる固有鳥類の捕食 被害とその対策 https://t.co/G2BDvZrMrJ 捕食被害を全て猫にするのではなく、1つの要因として現実に起きているからこそ対策をする必要性があるのです。獣医師の立場で意見…
体毛の色や目の縁取りの濃さは関東・関西で違い、赤みが強く目の縁取りの濃い関西型、薄茶色で目の縁取りの薄い関東型に分かれて境は長野県の伊那谷とのことみたいです 飯田市上村と上郷に生息するニホンヤマネの目の縁取りの形態について(三石2012)https://t.co/CXzAmGekl4 左:鹿児島 右:青森のヤマネ https://t.co/98YOmPAw3s
@DaidoBe 因みにヤマネの体毛の色や目の縁取りの濃さは関東・関西で違い、赤みが強くアイシャドーの濃い関西型、薄茶色でアイシャドーの薄い関東型に分かれ、その境は長野県の伊那谷とのことみたいです… 飯田市上村と上郷に生息するニホンヤマネの目の縁取りの形態について(三石2012)https://t.co/CXzAmGekl4 https://t.co/rtbgtz7kuj
RT @tkishi_cardiol: #J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Highlights 2/3 ✅Raising both mandatory retirement age & eligibility age for claiming publ…
RT @tkishi_cardiol: #J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cros…
ニホンナシの交雑育種における重要形質に関連した DNA マーカーの利用技術 https://t.co/vTJwD6Eyi7