著者
澤山 英太郎 高木 基裕
出版者
水産増殖談話会
巻号頁・発行日
vol.62, no.2, pp.155-162, 2014 (Released:2014-09-03)

本研究は,マダイ人工種苗で見られる吻部の異常を示す形態異常について遺伝的要因を明らかにすることを目的とした。60日齢における吻部異常個体の形態的識別を行った。吻部の異常を有する個体は全体の3.4%で,その中でも下顎短縮は最も高い割合で確認されたため,下顎短縮個体についてマイクロサテライトDNAを用いた多型解析と親子鑑定を行い,正常個体の値と比較した。ヘテロ接合体率やアリル頻度においては正常個体と下顎短縮個体で違いは見られなかった。また,親子鑑定を実施したところ,正常個体には9個体のメス親魚と16個体のオス親魚からなる43家系が,下顎短縮個体には9個体のメス親魚と15個体のオス親魚からなる40家系が関与しており,正常個体と下顎短縮個体で出現家系に有意な偏りは確認されなかった。以上の結果から,本下顎短縮個体は遺伝的な要因よりも,何らかの後天的な要因が強く影響しているものと推測された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

@YSMgxh92JotYRTD 形態異常で生存に不利であるはずが自然下でも生き延びられるのはすごいですよね

収集済み URL リスト