著者
江原 義弘 別府 政敏 野村 進 國見 ゆみ子 池田 稔 高橋 茂 丸田 耕平
出版者
Japanese Society of Prosthetics and Orthotics
雑誌
日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development (ISSN:09104720)
巻号頁・発行日
vol.18, no.2, pp.152-158, 2002-04-01
参考文献数
11
被引用文献数
4

下腿切断者を被験者として, 16種類の足部について歩行時に足部に吸収・放出されるエネルギー量を計算した. 歩行中の関節位置と床反力データより関節モーメントを計算し, 関節角速度と体節間浸透力を考慮した新しい方式でパワーを計算した. 立脚期におけるパワーは負・正・負・正の4領域となり, おのおのの領域でパワーを積分してエネルギーを求めた. 踵部での吸収が少ない群としてはスプリングライトII, フレックスウォークII, グライジンガープラス, カーボンコピーII, 1H38, SL1020があり, 多い群としてはSACH, 1D10, SAFEIIがあった. 前足部での吸収・放出が少ない群としてはSACH, 1H38であった. 多い群はエナジーマルチ, シュアーフレックス, J-フットであった. 踵部と前足部の機能は足部を選択する場合に重要であることが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 義足足部に吸収および放出されるエネルギー量(江原 義弘ほか),2002 https://t.co/W0eiquqJ4A
こんな論文どうですか? 義足足部に吸収および放出されるエネルギー量(江原 義弘ほか),2002 https://t.co/W0eiquqJ4A
こんな論文どうですか? 義足足部に吸収および放出されるエネルギー量(江原 義弘ほか),2002 https://t.co/W0eiquqJ4A
こんな論文どうですか? 義足足部に吸収および放出されるエネルギー量(江原 義弘ほか),2002 https://t.co/vpYUYAwypO

収集済み URL リスト