著者
小林 武志 長島 裕二 木村 凡 藤井 建夫
出版者
[日本食品衛生学会]
雑誌
食品衛生学雑誌 = Journal of the Food Hygienics Society of Japan (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.76-80, 2004-04-25
参考文献数
14

フグ毒テトロドトキシンを滅菌したぬか漬けに添加すると毒性が低下することを見いだし,この原因を明らかとするために,テトロドトキシンを添加した滅菌無機培地を弱酸性下に放置し,経時的にマウス試験を行ったところ,マウス致死活性が消失した.このことから,無機培地中にテトロドトキシンの毒性を低下させる要因があると考え,高速液体クロマトグラフィーと併用して検討したところ,培地成分の無機塩溶液を除去したとき,毒性の減少が抑制された.そこで,無機塩溶液に含まれる各成分の影響を検討したところ,ホウ酸がテトロドトキシンの毒性減少に深く関与していることが判明した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 12 posts, 15 favorites)

@Mossie633 直近だとこういう論文がありますね やはり毒の分解の諸説の中では微生物説は間違いなようで、塩分やそれに含まれる成分説が有力なようです CiNii 論文 - 無機培地中におけるフグ毒テトロドトキシンの減毒 https://t.co/iU8QbQWlzQ #CiNii

収集済み URL リスト