著者
加藤 智絵里
出版者
日本口腔・咽頭科学会
雑誌
口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology (ISSN:09175105)
巻号頁・発行日
vol.17, no.3, pp.285-288, 2005-06-01
参考文献数
8
被引用文献数
1 or 0

2002年4月より, 神戸大学附属病院にて口腔.中咽頭癌患者の摂食・嚥下リハビリテーションに言語聴覚士がかかわるようになった.術前より嚥下のリハビリテーションについてオリエンテーションを行い, 術後早期から間接嚥下訓練と直接嚥下訓練を実施した.3食経口摂取可能になった日数は, 舌部切は平均7.1日, 舌半切は平均30.4日, 舌亜全摘以上では1ヶ月以上, 中には10ヶ月近くかかる症例もみられた.中咽頭癌は平均約1ヶ月強であった.摂食・嚥下リハビリテーションにおける言語聴覚士の役割について述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 口腔・中咽頭癌術後の摂食・嚥下リハビリテーション : 言語聴覚士の立場から(加藤 智絵里),2005 https://t.co/Kl51cltvQl
1 1 https://t.co/70rqvrii5A
こんな論文どうですか? 口腔・中咽頭癌術後の摂食・嚥下リハビリテーション : 言語聴覚士の立場から(加藤 智絵里),2005 https://t.co/Kl51cltvQl

収集済み URL リスト