著者
長島 君元 岩崎 寛
出版者
日本医療機器学会
雑誌
医科器械学 (ISSN:0385440X)
巻号頁・発行日
vol.75, no.8, pp.439-444, 2005-08-01
参考文献数
12
被引用文献数
2

二酸化炭素吸収装置(図1)は, 呼気中の二酸化炭素を吸収する二酸化炭素吸収剤(ソーダーライム or バラライム)とそれを収める容器(キャニスター)からなり麻酔器の呼吸回路に組み込まれている. 普段, 麻酔科医にとっても, 空気のような存在で, あまり注目をおかれにくい装置の一つかもしれないが, 麻酔科医の身の回りの機器として理解する必要性があり, この誌面にて二酸化炭素吸収装置の周辺知識を過去の文献から収集, 整理しまとあてみた. 二酸化炭素吸収装置の生い立ちと原理 まず, 二酸化炭素吸収装置の歴史をさぐってみよう. 麻酔で二酸化炭素吸収装置を最初に臨床使用したのは, 英国の歯科医師Alfred Colemanである. 当時は, 亜酸化窒素が高価であったが, 投与方法は自発呼吸下での開放式呼吸回路が一般的だった. Colemanは亜酸化窒素が生体内で変化を受けないことに目をつけ, 呼気中の亜酸化窒素を再呼吸させるための工夫を考えた. このため, 呼気中の二酸化炭素を吸収する装置を開発する必要性に迫られた.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

収集済み URL リスト