著者
向井 秀樹 新井 達 浅井 寿子 武村 俊之 加藤 一郎
出版者
日本皮膚科学会西部支部
雑誌
西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology (ISSN:03869784)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.84-90, 1995-02-01
参考文献数
14
被引用文献数
2 1

小児のアトピー性皮膚炎の治療に海水浴療法が行われており, その作用機序として紫外線および海水の作用が考えられている。そこで今回この海水の作用に注目して, その有用性を検討した。方法は自宅の入浴時に海水成分に近い自然塩を用いて塩水療法を行った。対象は, 従来の治療法に抵抗性で重症度の高い46症例(小児17例, 成人29例)。全体の有効率は60.9%であり, 年齢別にみると小児94.1%, 成人41.3%と明らかな有効率の違いをみた。臨床効果を要約すると, 止痒効果が高く, 湿潤局面の改善や保湿効果などが認められた。副作用として, 使用時の刺激感および長期連用により乾燥肌の出現がみられた。比較的かゆみのコントロールしにくい症例に対して, 本療法は容易で有用性の高い補助療法になりうると考えた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

@znY2npZCyyhQZC4 @atopicshige しつこくてスミマセン笑早く治ることを願ってます
『傷に塩を塗って』疾患に直接「塩を濡れ」とは申してない。重要なのは「特定塩分濃度」の塩水であり100%の塩を刷り込む事ではない。自分のリプにぶら下がってますが現に私以外にも効果があった方も。日本語関係論文も14件ほど。我自身が証明… https://t.co/p0LCAEyngm
@hinohifuka @y_psychologist 『傷に塩を塗って』疾患に直接「塩を濡れ」とは申してない。重要なのは「特定塩分濃度」の塩水であり100%の塩を刷り込む事ではない。自分のリプにぶら下がってますが現に私以外にも効… https://t.co/im4bftMyTq

収集済み URL リスト