著者
Mori Jim 加納 靖之
出版者
Tokyo Geographical Society
雑誌
地學雜誌 (ISSN:0022135X)
巻号頁・発行日
vol.118, no.3, pp.492-498, 2009-07-07
参考文献数
16
被引用文献数
1 5

2006年5月26日に発生したジョグジャカルタ地震による地震動が,250km離れたインドネシアのSidoarjo泥火山の噴出を誘発した可能性について検討した。この泥火山は2006年5月から噴出を続けている。泥火山の近傍で生じた流体圧変化と地震発生の時間的な一致から,地震波がこの地域の地下流体の状態に影響を与えたことが示唆される。別の同規模の地震のデータを用いて,地震波による応力変化の大きさを見積った。応力変化はごくわずか(0.005から0.010MPa)であったが,他の地域であればこの程度の応力変化でも微小地震を誘発した場合がある。地震の数分後に流体圧変化が生じたようであり,これは地下流体が地震動に対して応答したことを示していると考えられる。2006年ジョグジャカルタ地震は,Sidoarjo泥火山で小さな流体圧変化をひきおこした可能性があるが,これが泥火山の噴出開始に直接関係しているかどうか評価することは困難である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

1 1 https://t.co/WW4oKE6m3W
こんな論文どうですか? 2006年ジョグジャカルタ地震は Sidoarjo 泥火山の噴出を誘発したか?(Mori Jimほか),2009 https://t.co/xmf07FqWkB

収集済み URL リスト