著者
妻木 充法
出版者
The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion
雑誌
全日本鍼灸学会雑誌 (ISSN:02859955)
巻号頁・発行日
vol.58, no.4, pp.684-689, 2008-08-01
参考文献数
6
被引用文献数
2 or 0

クラブワールドカップは、 6大陸のクラブ王者が世界一を決める大会であり、 その審判もアジア、 アフリカ、 南米、 北中米カリブ、 オセアニア、 ヨーロッパより選出される。 今回、 世界サッカー連盟 (FIFA)、 日本サッカー協会より依頼を受け、 鍼灸師が審判団のメディカルサポートを行った。 業務は、 練習及びフィットネステスト時のトレーナー活動、 試合帯同、 トリートメント業務 (鍼治療、 マッサージなど) であった。 16日間で59回の鍼治療、 63回のマッサージを行った。 大会期間中の外傷はハムストリングス肉離れ2名、 障害は、 腰痛、 アキレス腱周囲炎、 頚部痛などがあり鍼治療を行い改善した。 しかし2度の肉離れを起こした1名は、 帰国した。 鍼を知らない審判もいて、 日本の鍼治療を理解してもらう工夫が必要であった。 今後は、 感染防止の対策、 鍼の効果や傷害についての英語での説明法、 各国の食事やサプリメントの正確な知識を持つことの必要性を痛感した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 7 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? サッカークラブワールドカップ(日本/2007)における審判のメディカルサポートの報告 : トレーナー業務と鍼灸師の役割(妻木 充法),2008 https://t.co/BIdDRNND7T
こんな論文どうですか? サッカークラブワールドカップ(日本/2007)における審判のメディカルサポートの報告 : トレーナー業務と鍼灸師の役割(妻木 充法),2008 https://t.co/BIdDRNND7T
こんな論文どうですか? サッカークラブワールドカップ(日本/2007)における審判のメディカルサポートの報告 : トレーナー業務と鍼灸師の役割(妻木 充法),2008 https://t.co/BIdDRNND7T
こんな論文どうですか? サッカークラブワールドカップ(日本/2007)における審判のメディカルサポートの報告 : トレーナー業務と鍼灸師の役割(妻木 充法),2008 https://t.co/BIdDRNND7T
こんな論文どうですか? サッカークラブワールドカップ(日本/2007)における審判のメディカルサポートの報告 : トレーナー業務と鍼灸師の役割(妻木 充法),2008 https://t.co/BIdDRNND7T
1 1 https://t.co/WQ6NonLNkX
こんな論文どうですか? サッカークラブワールドカップ(日本/2007)における審判のメディカルサポートの報告 : トレーナー業務と鍼灸師の役割(妻木 充法),2008 https://t.co/BIdDRNND7T

収集済み URL リスト