著者
秋山 清二
出版者
東京海洋大学
雑誌
東京水産大学研究報告 (ISSN:00409014)
巻号頁・発行日
vol.84, no.2, pp.53-64, 1997-12-25
被引用文献数
6 or 0

千葉県館山湾の大型定置網、底層定置網、小型定置網各1か統を対象に漁獲物の投棄実態を調査した。調査は1996年1~12月に実施し、毎月1回、販売魚と投棄魚の魚種別重量を記録した。調査の結果、年間の投棄率{(投棄量/漁獲量)×100}は小型定置網で11.9%、底層定置網で22.2%、大型定置網で9.6%となった。投棄量の上位3種は小型定置網でウルメイワシ、アイゴ、キビナゴ、底層定置網でマサバ、ギマ、アイゴ、大型定置網でイトマキエイ、トウゴロウイワシ、ドチザメであった。漁獲量と投棄量はいずれも小型定置網、底層定置網、大型定置網と漁具規模が拡大するにつれて増加する傾向がみられた。また、小型定置網と底層定置網では漁獲量の増加にともない投棄量も増加する傾向がみられたが、大型定置網ではこのような傾向はみられなかった。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 千葉県館山湾の定置網漁業における漁獲物の投棄実態(秋山 清二),1997 https://t.co/XV3JGLuYb5
こんな論文どうですか? 千葉県館山湾の定置網漁業における漁獲物の投棄実態(秋山 清二),1997 http://t.co/ImtutecU

収集済み URL リスト