著者
大島 章嘉
出版者
国際生命情報科学会
雑誌
Journal of International Society of Life Information Science (ISSN:13419226)
巻号頁・発行日
vol.19, no.2, pp.287-301, 2001-09-01

標記研究その2では、より大きな計画(場外ホームラン計画と称している)の充実が大きな成果につながることが判明している。本研究ではこの意識の有無の差が成果にどの程度つながるかを実験的に測定し、把握した。更に成果を上げるために何が必要かも明らかにした。また、併せてα波測定時の(1)足もみ効果(2)念仏を唱える成果についても検証した。

言及状況

Twitter (3 users, 6 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 脳波α波とビジネス成果の関連性研究(その4) : 場外ホームラン意識の有無の差と成果の関係検討(大島 章嘉),2001 https://t.co/cCmR6vCNWn 標記研究その2では、より大きな計画(場外ホームラン計画と…
こんな論文どうですか? 脳波α波とビジネス成果の関連性研究(その4) : 場外ホームラン意識の有無の差と成果の関係検討(大島 章嘉),2001 http://t.co/1czeocZ9is
こんな論文どうですか? 脳波α波とビジネス成果の関連性研究(その4) : 場外ホームラン意識の有無の差と成果の関係検討(大島 章嘉),2001 http://t.co/1czeocZ9is
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 脳波α波とビジネス成果の関連性研究(その4) : 場外ホームラン意識の有無の差と成果の関係検討,2001 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001095353
日シリもやってることだし、野球つながりで RT: @ronbuntter こんな論文どうですか? 脳波α波とビジネス成果の関連性研究(その4) : 場外ホームラン意識の有無の差と成果の関係検討,2001 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001095353
こんな論文どうですか? 脳波α波とビジネス成果の関連性研究(その4) : 場外ホームラン意識の有無の差と成果の関係検討,2001 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001095353

収集済み URL リスト