著者
堀 利栄
出版者
日本古生物学会
雑誌
日本古生物学會報告・紀事 新編 (ISSN:00310204)
巻号頁・発行日
no.159, pp.562-586, 1990-09-30
被引用文献数
22 or 0

西南日本のチャート及び泥岩からなる連続層序断面において放散虫化石の垂直分布を調査し, 4群集帯と4亜群集帯を最上部トリアス系から中部ジュラ系下部の間に設定・記載した。記載した化石帯は, 下位よりParahsuum simplum群集帯及びその4亜群集帯(Subzones I-IV)と, Mesosaturnalis hexagonus群集帯(新提唱), Parahsuum (?) grande群集帯, Hsuum hisuikyoense群集帯である。アンモナイト化石帯と直接対応のつく北米やトルコのデータとの比較により, 各群集帯の年代は, Rhaetian/HettangianからBajocianまでの間にそれぞれ位置づけられる。新たに設定したMesosaturnalis hexagonus群集帯は, Parvicingula属(広義)の出現や多様な小型塔状Nassellariaの産出で特徴づけられ, 西南日本だけでなく北米においても本群集帯に対応する化石帯が識別される。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? 905. 西南日本における下部ジュラ系放散虫化石帯(堀 利栄),1990 http://t.co/mWCE1DqU
こんな論文どうですか? 905. 西南日本における下部ジュラ系放散虫化石帯(堀 利栄),1990 http://t.co/mWCE1DqU

収集済み URL リスト