著者
堀洋平 斎藤尚徳 丸山勉
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.45, no.3, pp.1014-1031, 2004-03-15

将棋プログラムの棋力の向上のために,専用ハードウェアシステムの開発は必 要不可欠である.本研究ではシステム開発の第1段階として, Field-Programmable Gate Array(FPGA)を使用し詰 将棋の専用ハードウェアの作成を行った. FPGAはユーザ自らが回路構成を変更することのできるLSIであり,また内部に 大容量のRAMを有するため,きわめて並列度の高い演算をチップ内部で実現するこ とができる. この特長を活かし,詰将棋に適した並列・パイプラインアーキテクチャを開発 した.本研究で作成したハードウェアでは,局面情報データを複数のモジュー ルで並列に生成し,これらのデータをパイプライン処理によって指手データ へと変換することで高速な演算を可能にした.また,指手を複数のカテゴリに 分類し,これらを並列・パイプライン処理によって生成することによりさらな る高速化を実現した. 本論文では,詰将棋ハードウェアにおける指手生成の手法とアーキテクチャにつ いて述べた後,実際に問題局面を解いてハードウェアの性能について議論する.Developing dedicated hardware systems is an essential approach to improve play strength of shogi programs. To date, use of programmable devices for shogi hardware has been proposed as a feasible method to resolve the problems of high cost and long developing time of hardware implementation. To devise architecture of shogi hardware, we first implemented a tsume shogi solver on a Field-Programmable Gate Array (FPGA). With the ample hardware resource of an FPGA, we implemented highly parallelized architecture on a single chip and realized high-speed computation of tsume-shogi. In this paper, a procedure to generate moves in tsume shogi hardware and its architecture are described.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 詰将棋専用ハードウェアの作成(堀洋平ほか),2004 https://t.co/WkWxnSwoDp 将棋プログラムの棋力の向上のために,専用ハードウェアシステムの開発は必 要不可欠…
FPGAで詰将棋ルーチンの実装とか面白い話だった。通常の将棋でも専用HWを設計した方が早くなるんだろうか?詰将棋は解があるけど... http://t.co/6sNWJmx5

収集済み URL リスト