著者
幸村真佐男
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)
巻号頁・発行日
vol.1993, no.74, pp.43, 1993-08-19

生物個体の境界である「第一の皮膚」。人間が社会的存在であることをシンボリックに表わす衣服は「第二の皮膚」である。微小化し、薄膜化しネットワークに接続される、これからのエレクトロニクス・メディアを、人々は衣服のように装置し、肉体に密着する「第三の皮膚」として位置づけられる。そしてそれはグローバル・ブレーンとしての新しい共同体意識の形成をうながす。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

私にとってアバターは「第三の皮膚」。師匠の言葉を借りるのはよくないけど...弟子として「第三の皮膚論2020」を発表したい https://t.co/qVWc50JdKU
こんな論文どうですか? 『第三の皮膚』論 その2(幸村真佐男),1993 https://t.co/J9v2nHIuzA 生物個体の境界である「第一の皮膚」。人間が社会的存在であることをシンボリックに表わす衣服は「第二…

収集済み URL リスト