著者
大門 皇寿 山沢 英明 坂東 政司 大野 彰二 杉山 幸比古
出版者
特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会
雑誌
気管支学 (ISSN:02872137)
巻号頁・発行日
vol.26, no.6, pp.522-525, 2004
被引用文献数
5

背景. 健康成人にみられたトウモロコシによる気道異物の1例を経験した. 症例. 症例は38歳の女性. 生来健康で特記すべき既往歴や誤嚥の原因となるような基礎疾患はなかった. 数日間続く喀痰, 咳嗽を主訴に当科を受診した. 胸部X線写真にて右上葉の無気肺を認め, 胸部CTではさらに軟部組織濃度の結節を右上葉支に認めた. 症状出現前におけるトウモロコシ誤嚥の事実を聴取したため, これを無気肺の原因と疑い気管支鏡検査を施行した. 右上葉支には嵌頓したトウモロコシを認めた. 通常の生検鉗子では把持不能であったため, バスケット鉗子を用いて収納したのちに摘出した. 右上葉の無気肺は数日で完全に消失し, 症状もすみやかに軽快した. 結論. 健康成人においても稀ではあるが気道異物をきたすことがある. 画像上無気肺を認めた場合には気道異物も常に念頭におき, 詳細な問診を行い, 遅滞なく気管支鏡検査を施行することが重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

食べ物が肺の気管支を閉塞して無気肺になり、咳や痰が出たケースがありますが、 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002821269 このように、気道が遮断されてしまっているのにどうして咳や痰が出てくるのですか? 気道に隙間があれば、咳も痰も出ておかしくないと思うのですが。 補足 orbicular_l ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト