著者
満園 憲治 黒田 満 村上 勝彦 北川 一
雑誌
全国大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.49, pp.325-326, 1994-09-20

ボロノイ図を各ボロノイ領域内に再帰的に描くことでフラクタルパターンが生成できる。これを発展させて,母点の数や配置に変化をもたせるとともに表示方法を工夫することで異なるパターンを生成する方法を示す.ボロノイ図の構造を変えることなく一部の情報を強調するだけで,通常のボロノイ図のイメージからかけ離れたパターンがえられる.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  ボロノイ図によるフラクタル https://t.co/A9kvHCb5wq #CiNii
CiNii 論文 -  ボロノイ図によるフラクタル https://t.co/DdT44XeGHY

収集済み URL リスト