著者
植村 邦彦
出版者
関西大学
雑誌
關西大學經済論集 (ISSN:04497554)
巻号頁・発行日
vol.54, no.3, pp.337-354, 2004-11-11

ルイ・アルチュセール(1918-1990)は、1960年代に「重層的決定」や「構造的因果性」という概念をマルクス主義に導入することによって、ヘーゲル主義的マルクス主義や実存主義的マルクス主義を批判し、マルクス主義内部での「認識論的切断」を理論化しようとした思想家であり、フランスだけでなく世界的に大きな影響を与えた。しかし、この試みは、思想的言説空間では「構造主義」や「ポスト構造主義」へと向かうマルクス離れに棹さし、アルチュセール自身も、晩年には「偶然性」や「出会い」の理論化を模索しつつ、マルクス主義への批判を表明するにいたった。本稿は、このようなアルチュセールの理論的模索の全体像を明らかにし、その意味を確認しようとするものである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[文学][アイデンティティ] 植村邦彦:多元的決定概念によるヘーゲル主義的マルクス主義&実存主義的マルクス主義の批判

Twitter (4 users, 5 posts, 1 favorites)

ルイ・アルチュセール 重層的決定 重層的決定と偶然性: あるいはアルチュセールの孤独 (経済学部創設 100 https://t.co/EeT5blQGA4 植村邦彦 著 - 2004 - 関連記事 ルイ・アルチュセール(1918-1990)は、1960年代に「重層的決定」や「構
アルチュセールの重層的決定はフロイト由来であって、数学の用語を流用したわけではないのか。http://ci.nii.ac.jp/naid/110002961486/

収集済み URL リスト