著者
峯松 信明 西村多寿子
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2005, no.127, pp.211-216, 2005-12-22

音声コミュニケーションには,話者・環境・聴取者に起因する音響歪みが不可避的に混入する。これら静的な非言語的歪みを数学的にモデル化し,そのモデルの上で,音響歪みを表現する次元を完全に失った音声の物理表象を提案している[1]。個々の音声事象の絶対的な物理特性は一切捨象し,音声事象間の関係のみを,全ての二事象間差異(コントラスト)の集合,即ち,ある幾何学構造として抽出する。この新しい物理表象は,構造音韻論の物理的実装として解釈されている。事象間のコントラストのみを捉える処理は,音楽の相対音感に類似した処理と考えられるが,本稿ではその提案表象を,言語学,心理学,言語障害学,神経生理学,脳科学,及び音楽学の観点から再度考察,解釈する。その中で,音素を音響空間内で定位する従来の方法論の是非について検討する。In speech communication, acoustic distortions are inevitably involved by speakers, channels, and listeners. In our previous study, these distortions were mathematically modeled, and on that model, a novel speech representation was proposed where the distortions cannot be observed [1]. Absolute properties of speech events are completely discarded and only their interrelations are extracted as a full set of phonic differences or contrasts. The set is mathematically equal to a certain geometrical structure. This new representation is considered as physical implementation of structural phonology. Extraction of contrasts between two events is viewed as a process similar to hearing music, i.e., relative pitch. In this paper, the new representation is reconsidered from viewpoints of linguistics, psychology, language disabilities, neurophysiology, brain science, and musicology, Here, the conventional paradigm where a phoneme is localized absolutely at a certain point in an acoustic space is also reconsidered.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

“CiNii 論文 -  音声の相対音感 : 音声と音楽の同質性に関する一考察(Session-8 ポスターセッション: 一般, 第7回音声言語シンポジウム)” http://t.co/KMnnWaMC9k

収集済み URL リスト