著者
大市 三鈴 笠原 由紀 松尾 貴子 楳田 高士 栗林 恒一
出版者
関西鍼灸大学
雑誌
関西鍼灸大学紀要 (ISSN:09129545)
巻号頁・発行日
pp.35-40, 2004-03-31

鍼灸治療において、抜鍼後の鍼体に付着する可能性のある肝炎ウイルスが、綿花で拭うという操作によりどの程度除去されうるのか、HBVを含む血清を鍼体に塗布する実験を行いその結果について検討した。HBe抗原陽性者の血清を鍼体に塗布したものと、それを80%エタノール綿花および乾綿でそれぞれ一回ずつ拭ったものからDNAの抽出を行い、HBV遺伝子に対するprimerを用いてPCR反応を行いウイルスの検出を行って3者を比較した。同様の実験を二度行ったが、どちらの実験においてもエタノール綿花で拭ったものと乾綿で拭ったもののいずれからもHBVが検出された。今回の結果からHBVが付着した鍼体からは綿花で一回拭っただけではウイルスが除去されない可能性が明らかとなった。

言及状況

Twitter (70 users, 70 posts, 46 favorites)

肝炎ウィルスが付着した鍼体を綿花で拭うことによるウィルス除去効果について(PDFファイル、和文)[ http://t.co/QSo44buLQk ]。針に付着したB型肝炎ウイルス(HBV)はアルコール綿で拭っても取れない。 注意喚起として、よい研究だと思う。

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004302507 (70)