著者
信夫 隆司
出版者
岩手県立大学
雑誌
総合政策 (ISSN:13446347)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.243-265, 2004-02-10

本稿は、1970年代終わりから今日までの国際政治理論の系譜を探ることを目的とした。本稿で、主として取り上げた国際政治理論は、ケネス・ウォルツのネオリアリズム、ロバート・コヘインの国際制度論、アレクサンダー・ウェントのコンストラクティヴィズムである。これらの国際政治理論について、存在論と認識論という視点から新たな分析を試み、その上で、アナーキーと国家のインタレストのとらえ方について言及した。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

信夫隆司「国際政治理論の系譜 : ウォルツ、コヘイン、ウェントを中心として」 http://t.co/ptf9aEgM ウォルツ、コヘイン、ウェントの比較表→ http://t.co/TtXVUBCU

収集済み URL リスト