著者
峯松 信明 西村 多寿子 朝川 智 櫻庭 京子 齋藤 大輔
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理 (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2007, no.75, pp.75-80, 2007-07-20
参考文献数
30
被引用文献数
3 or 0

一つの言語には通常数十種類の音素(phoneme)がある。しかし音素の音的実体は前後文脈(音素環境)などによって多様に変形し,異音(allophone)と呼ばれる。音素と比較して種類数も多く,より具体的な音的現象に対応している。しかし奇妙なことに,これら音的事象を記号を用いて記す場合,性別,年齢,収録・伝送機器特性などによる音の変形(非言語的要因による音響的変形)は一切無視される.その音響的変形が幾ら大きくても,である。音声認識の音響モデリングは,凡そ,異音に相当する音事象をtriphoneとしてモデル化しているが,「非言語的変形の無視」を実装するために,数万人の話者から,様々な環境で収録した音サンプル群を統計的にモデル化している。本稿では,「非言語的変形の無視」の実装は,集めることではなく,音事象間の差異を捉えることで可能となることを数学的に示し,極めて少数の話者の音声で,不特定話者音声認識が可能であることを示す。提案する枠組みでは,音的要素をモデル化するのではなく,音的差異に着眼し,差異を集めることで構成される全体的な音的構造をモデル化する。

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 要素論から全体論へ~全体から入る音声情報処理への招待~(峯松 信明ほか),2007 https://t.co/RaafGda83E
1 1 https://t.co/FmH0plvfPa
こんな論文どうですか? 要素論から全体論へ~全体から入る音声情報処理への招待~(峯松 信明ほか),2007 https://t.co/RaafGda83E

収集済み URL リスト