著者
川口 啓子
出版者
大阪健康福祉短期大学
雑誌
創発 : 大阪健康福祉短期大学紀要 (ISSN:13481576)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.93-102, 2007-03-05

日本赤十字社は、第一次世界大戦直後から次の戦時準備を行った。1922(大正11)年「戦時救護規則」、「救護員任用規則」、「救護員召集規則」を改正し、第二次世界大戦には、かつてない規模の従軍看護婦の養成、派遣が可能となった。日中戦争、太平洋戦争と事態が進むにつれて、日赤以外からも従軍看護婦を募り養成し、あるいは短期間の速成看護婦も従軍させることになった。結果は、大きな犠牲を生むこととなった。戦争終結後も、彼女らには安住はなかった。中国大陸の従軍看護婦は、逃避行、捕虜生活の末、なかなか帰国できなかった。内地では、朝鮮戦争勃発と同時に再び従軍看護婦が召集された。日本国憲法に違反するこの行為は、当時も今も、ほとんど国民には知らされていない。そして、従軍看護婦のその後の生活には、なんらの戦後補償もなかったのである。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

従軍看護婦も報われていなんだよね。 https://t.co/kc4WtuUxEL
CiNii 論文 -  従軍看護婦派遣への道程に関する研究ノート(4) : 第二次世界大戦とその後 https://t.co/f6XPCW8xoL #CiNii

収集済み URL リスト