著者
内田 司
出版者
札幌学院大学
雑誌
札幌学院大学人文学会紀要 (ISSN:09163166)
巻号頁・発行日
vol.81, pp.1-19, 2007-03-07

現代社会における私たちの生活様式の諸特質の一つは,理性と感情が対立させられ,理性だけが重視され,感情(生活)の重要性が等閑視されてきたということである。というのも,私たちが生活している現代の市場経済社会では,私たちは,最小費用による最大の利潤追求,そのことを可能にする最適化と効率化,そして計算可能性という,近代合理性の経済化された生活原理が至上原理となった社会生活に,否応なしに適応しなければならなかったからである。こうした市場経済社会における経済様式化された社会生活の中では,私たちは否応なく自分以外の外的世界と,自己の私的(経済的)利益を実現するために,損得感情(勘定)にもとづいて,手段的・道具的にかかわらざるをえない。その中では,理性=知性とされ,私的目的実現の手段として重視されるが,感情はそうした合理的な活動を攪乱する非合理的なやっかいものとして従属的な地位に押し込められてきた。しかし,こうした感情生活を抑圧する社会生活は,諸個人の精神生活だけでなく,対人関係,対社会的関係行為にもさまざまな問題を引き起こしている。連載からなる本稿は,かかる現代社会における諸個人の感情生活の非合理的な存在様式によって引き起こされている,諸個人の精神生活,人間関係,社会との関係にかかわる諸問題を,感情コミュニケーションの視点から分析することを目的としている。本稿の課題は,私たちの日常生活における社会的相互行為のあり方に影響を与えている,現代社会の社会形成原理・生活原理の下で展開されている,人々の感情コミュニケーションの基礎的な型について検討することである。ただし,本号では,共感にもとつくコミュニケーション,損得感情(勘定)のコミュニケーション,そして疑心暗鬼のコミュニケーションについて検討し,傲漫とルサンチマンのコミュニケーションについては,次号で検討することになろう。

言及状況

Twitter (2 users, 14 posts, 0 favorites)

感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6J2GfA
感情コミュニケーションの社会学と現代社会(3) https://t.co/cUvy6IL5o2

収集済み URL リスト