著者
塚本 友栄 舟島 なをみ
出版者
日本看護教育学学会
雑誌
看護教育学研究
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.22-35, 2008
被引用文献数
1 or 0

本研究は、就職後1年以内に退職した新人看護師の経験と、1年以上就業を継続できた新人看護師の経験の比較を通して、退職した新人看護師の経験の特徴を明らかにし、看護基礎および看護継続教育の課題を考察することを目的とする。本研究の第1段階は、看護概念創出法を適用し、半構造化面接法により退職者18名からデータを収集した。持続比較分析の結果、退職した新人看護師の経験を表す60カテゴリからなる15概念を創出した。第2段階も看護概念創出法を適用し、半構造化面接法により継続者20名からデータを収集した。持続比較分析の結果、就業を継続できた新人看護師の経験を表す53カテゴリからなる14概念を創出した。第3段階は、メタ統合を用いて、退職した新人看護師の経験を表す60カテゴリと就業を継続できた新人看護師の経験を表す53カテゴリを比較・統合した。その結果、退職した新人看護師の経験と就業を継続できた新人看護師の経験が、共通する経験、退職者のみに存在する経験、継続者のみに存在する経験の3つに分類できることを明らかにした。考察の結果は、早期退職防止に向けた看護基礎及び看護継続教育の課題として、看護専門職者としての自律的な態度の獲得、自己の客観視、自立した社会人としての責務の理解、問題を解決可能な具体的なレベルで捉えられる能力獲得のための支援が必要であることを示唆した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (31 users, 35 posts, 41 favorites)

CiNii 論文 - 就職後早期に退職した新人看護師の経験に関する研究 : 就業を継続できた看護師の経験との比較を通して https://t.co/D0TVkhndam
CiNii 論文 - 就職後早期に退職した新人看護師の経験に関する研究 : 就業を継続できた看護師の経験との比較を通して https://t.co/D0TVkhEO1U
CiNii 論文 - 就職後早期に退職した新人看護師の経験に関する研究 : 就業を継続できた看護師の経験との比較を通して https://t.co/D0TVkhEO1U
早期退職した群にのみ否定的経験が有意に多いというデータはなく、就業継続群にも同様に存在している。肯定的経験についても同様の結果が得られている。→褒めても泣かせてもちゃんと成長する新人は成長する。 https://t.co/vk1B9em11j
CiNii 論文 - 就職後早期に退職した新人看護師の経験に関する研究 : 就業を継続できた看護師の経験との比較を通して https://t.co/D0TVkhEO1U
CiNii 論文 -  就職後早期に退職した新人看護師の経験に関する研究 : 就業を継続できた看護師の経験との比較を通して https://t.co/rcAcLAfFiM #CiNii
よく「新人を褒めて育てろ」とか言ってくるのがいるけど(だいたい自分も新人だったり永遠の新人だったりw)、実は早期退職群にも就労継続群にも同じだけ肯定的経験エピソードはあり、否定的経験エピソードも差はなかったという。 https://t.co/vk1B9em11j #CiNii

収集済み URL リスト