著者
犬飼 隆
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.1-14, 2008-01-01

木簡をはじめとする出土物に墨や線刻で文字を書いたものがあり、手続きをふめば言語資料になる。それらは、古代の現物がそのまま利用できる点に価値がある。また、日々の文書行政の場で使い捨てを前提にして書かれたので、日常の言語使用が反映している点にも価値がある。出土物を言語資料として活用することによって、記紀万葉の類からとは異なる知見を得ることができ、今後、八世紀以前の日本語の全体像が塗り替えられるであろう。九世紀以降との連続・不連続も一層精密に解明されるであろう。より良質な資料を得て適切にとりあつかうためには、歴史学・考古学との学際を深める必要がある。また、朝鮮半島の出土物との比較が、研究の深化と精密化と発展をもたらす。

言及状況

Twitter (3 users, 10 posts, 3 favorites)

古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9
Unearthed materials as sources of old Japanese language data https://t.co/Ji7DXq7y9t
古代語資料としての出土物 (特集 資料研究の現在) https://t.co/LPAd0x5Tt9

収集済み URL リスト