著者
柳田 征司
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.186-174, 2008-01-01

抄物研究の現在は、戦前に研究をはじめた第一世代の研究者が世を去り、戦後から六〇年代までに抄物論文を発表しはじめた第二世代が研究成果をまとめ、他方七〇年以後抄物論文を発表しはじめた第三世代が研究を推し進めている、そういう時期として捉えられる。抄物の発掘・整備について言えば、日本語史上の通説を覆すような資料を含む厖大な量の資料が伝存しており、これを推進しなくてはならない。抄物による言語の研究は、価値の高い資料によって日本語の歴史の根幹に関わる問題を解明し、更にはその全体を説明することを目指さなくてはならない。抄物はそのための思索をするにふさわしい沃野である。しかし、他方で資料や用例の報告なども軽視してはならない。

言及状況

Twitter (3 users, 16 posts, 1 favorites)

資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPm6eNo
1 1 https://t.co/zcSiENbhJv
資料研究の現在--抄物の場合 (特集 資料研究の現在) https://t.co/TXntqyzcSi

収集済み URL リスト