著者
内藤 勲
出版者
愛知学院大学
雑誌
経営管理研究所紀要 (ISSN:13413821)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.17-34, 2007-12
被引用文献数
1

組織化の問題は,単に新しい組織を形成する際だけでなく,組織を変化させる場合にも考慮すべき理論的問題を多くはらんでいる。本稿では,組織あるいは組織化を構成している最小単位としての行為に注目し,その行為を導き,同時に行為によって形成される知について議論した。単に組織だけでなく,社会現象を考える際の行為概念は,それを導く意図性とその過程と結果を記憶する意識性からなっていること。したがって,知は行為を通じて獲得し,行為を通じて表現される概念であることを指摘した。

言及状況

Twitter (4 users, 12 posts, 6 favorites)

CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖〜PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識〜日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖~PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識~日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98 #福祉
CiNii 論文 -日常知を形成する行為の連鎖~PDFあり。組織の中で規格化された行為は見えない知識~日常知が背景にある。その日常知がどのように行為にフィードバックするのか。 https://t.co/qyLh4eYE98 #福祉
@SCLWRK この他、経営学などでの暗黙知の取り扱いは、大崎『暗黙知を理解する』http://ci.nii.ac.jp/naid/110007097652、内藤『日常知を形成する行為の連鎖』http://ci.nii.ac.jp/naid/110007053857を参照。

収集済み URL リスト