著者
中野 政尚 國分 祐司 武石 稔
出版者
日本保健物理学会
雑誌
保健物理 : hoken buturi (ISSN:03676110)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.60-65, 2009-03

The tritium concentrations in seawater collected around the Tokai Reprpcessing Plant (TRP) were measured for 10,800 samples in 30 years from 1978. The tritium concentration, dillution factor and diffusion situation were investigated. As a result, the tritium was occationaly detected due to the discharge from TRP. But it was considered to be the result of expected diffusion assumed in the safety assessment. It was confirmed that the tritium concentration was much lower than the concentration limit defined in the law and that it was not concern of environmental safety.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 14 posts, 5 favorites)

こんな論文どうですか? 東海再処理施設から海洋放出されたトリチウムの海水中濃度及び拡散状況(中野 政尚ほか),2009 https://t.co/tzjP5aUPls The tritium concentrations in seawater c…
RT @Slight_Bright ググってたら2008年に保健物理に投稿された原研研究員のこんな論文(オープンアクセス)見っけ。「東海再処理施設から海洋放出されたトリチウムの海水中濃度及び拡散状況」 http://t.co/JBS1HuQ5T5 って、おいちゃんと分析評価して
ググってたら2008年に保健物理に投稿された原研研究員のこんな論文(オープンアクセス)見っけ。「東海再処理施設から海洋放出されたトリチウムの海水中濃度及び拡散状況」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226763 って、おいちゃんと分析評価してんじゃん

収集済み URL リスト