著者
大門 正幸 稲垣 勝巳 末武 信宏 岡本 聡
出版者
国際生命情報科学会
雑誌
Journal of International Society of Life Information Science (ISSN:13419226)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.183-188, 2009-09-01

本研究の目的は、退行催眠中に被験者が語る、いわゆる「過去世」の記憶をデータとして用い、生まれ変わりの存在を強く示唆する事例について詳細に検討することである。具体的には、被験者が退行催眠中に語る異言(本人の経歴から、知っているはずがないと判断される言語)に着目し、発話について言語的な分析を行うものである。

言及状況

Twitter (4 users, 6 posts, 0 favorites)

@tani6s 私は実体二元論者です。超物理的実在である可能性が高いと考えられる魂が、マテリアルたる身体(脳を含む)に超物理的力を与える場合があると考えられるから二元論が正しいと考えます。 下記のような論稿もあります。 超心理学的な考察が心の解明には必要と考えます。 https://t.co/TctAdLYzmw
@urumalaw 唯物論が科学的とされてる感ありますから、これ言うと科学者さらには一般人の多数には冷笑されかねんのですよね現実は。しかし下記のような論稿もあります。 https://t.co/TctAdLYzmw
CiNii 論文 -  「生まれ変わり仮説」を支持する事例の研究 : 退行催眠中の異言の分析を通して(発表論文,第28回生命情報科学シンポジウム) http://t.co/wSejRYPwmQ #CiNii
@yasai_don 「催眠」で検索したらトンデモ論文が山ほど出てきて草 CiNii 論文 - 「生まれ変わり仮説」を支持する事例の研究 : 退行催眠中の異言の分析を通して(発表論文,第28回生命情報科学シンポジウム) http://t.co/wSejRYPwmQ
稲垣勝巳先生と大学教授&医師研究チームのCiNii論文「退行催眠中の異言の分析を通して」http://ci.nii.ac.jp/naid/110007359777 新著で更に詳細な分析と検証と考察。http://amzn.to/eaVhoh 私も関わっている方々なので紹介。

収集済み URL リスト