著者
田中 賢二 石綿 元
出版者
日本物理教育学会
雑誌
物理教育 (ISSN:03856992)
巻号頁・発行日
vol.53, no.3, pp.207-212, 2005

高等学校学習指導要領において,「素粒子」が登場したのは,平成元年(1989)改訂の要領である。科目<物理II>で,学習内容の最終テーマ(課題研究を除く)として導入されている。その後の平成11年(1989)改訂でも引き続き導入されており,高等学校物理における一つの学習内容として定着を見せている。「素粒子」の取り扱いに関する変遷を2回の指導要領改訂に対応した教科書でみると,新教科書は旧教科書に比べて言及されている「素粒子」が拡充し,未確認や研究中との言及が増加し,問題数が増えていることなどが判る。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 0 favorites)

pdfがかすれてて読めない^^;。 RT @irobutsu: というわけでぐぐってたら、高等学校物理における「素粒子」の取り扱いに関する変遷 http://t.co/FDVlGT13YJ こんなの見つけた。
というわけでぐぐってたら、 高等学校物理における「素粒子」の取り扱いに関する変遷 http://t.co/8CYLQB9G4K こんなの見つけた。

収集済み URL リスト