著者
下地 理則
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.5, no.3, pp.33-50, 2009-07-01

本稿の目的は,南琉球宮古伊良部島方言(以下伊良部島方言)の形容詞を定義することである。これまで,伊良部島方言を含めた宮古方言全体の研究史において,形容詞という用語は複数の形式(munu「もの」を主要部とした複合,畳語,活用など)に対して広く用いられ,当該方言の共時的な品詞体系を重視して形容詞を定義した論考はほとんど存在しない。さらに,ある形式を「形容詞」と呼ぶことが一般言語学的に見て適切かどうかという通言語的・類型論的な視点からの考察がなかった。したがって本稿では,共時体系における他品詞(名詞と動詞)との張り合いの中で形容詞を定義し,さらに通言語的な観点から,形容詞と呼ぶにふさわしい形式を考察する。その結果,形容詞としてはむしろ二次的に考えられてきた畳語形式のみが形容詞と呼ぶにふさわしく,複合形式と活用形式は名詞と動詞の下位クラスとして考えられることを示す。

言及状況

Twitter (2 users, 8 posts, 0 favorites)

南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7YqmuR7N9
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH
The adjective class in Irabu Ryukyuan https://t.co/PcvX9kOnSH
The adjective class in Irabu Ryukyuan https://t.co/PcvX9l5YKf
The adjective class in Irabu Ryukyuan https://t.co/PcvX9l5YKf
南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 https://t.co/B7Yqmv8IEH

収集済み URL リスト