著者
村井 淳
出版者
関西外国語大学・関西外国語大学短期大学部
雑誌
関西外国語大学研究論集 (ISSN:03881067)
巻号頁・発行日
no.91, pp.117-135, 2010-03

ロシア革命後、ソヴェト当局は反革命勢力などを弾圧するために、収容所を設けた。その後、ソ連邦が成立すると、白海に浮かぶソロヴェツキー島に本格的な強制労働収容所が建設された。1930年代のスターリン時代には、インフラ整備などで労働力が必要なことから、強制労働収容所とそれを管理運営するグラーグ(収容所管理総局)システムが必要に応じて構築されていった。その切っ掛けを提案したのは、自らも最初は囚人であったフレンケリであった。30年代の大粛清などにより無実の人が逮捕され、新しく建設された強制労働収容所で過酷な無賃労働を強いられた。また、第二次世界大戦期には、ドイツ軍や日本軍などの捕虜も同様の労働を強いられた。その結果、スターリン時代に、数百万もの人々が死亡した。1953年スターリンの死とともに、この強制労働システムは急速に崩壊し、囚人や捕虜は釈放されていった。しかし、これらの強制労働はソ連の産業に貢献したが、長い目で見るとソ連崩壊の一因になった。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

これは私が好きそうな話題 「ソ連における強制労働と建設 : 囚人と捕虜は、どのように労働利用されたか」 https://t.co/OfCh5aXJl4
こんな論文どうですか? ソ連における強制労働と建設 : 囚人と捕虜は、どのように労働利用されたか(村井淳),2010 http://id.CiNii.jp/flR9L

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: 宿禰
2019-04-04 17:28:34 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 126.28.225.99
2019-02-26 14:51:06 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト